【感想】LOVE理論(水野敬也著)を女の私が読んでみた

[女性の人生] ブログ村キーワード
『LOVE理論』
水野敬也著、文響社

LOVE理論

新品価格
¥1,512から
(2017/11/7 07:57時点)

久々の読書感想!

かなり前に紀伊国屋の本棚で見つけて気になってたこちらの本。
ついに図書館からやってきました。
当時は「恋愛本 ランキング」とかで調べたら上位に挙がってきたけれど
出版業界も出入りが激しいので、今はお見掛けしませんね・・・・

白地にメタリック文字のおしゃれなデザイン。
中はけっこう、ゲスい(すみません)トーンと内容でもてるテクを指南してくれます。

ただめっちゃ読みやすい!
笑わせてもらいながら、あっという間に1冊読破できます。

内容としては、
ブサイクでお金もない、
もてる要素が一つもない人間でも
理想の恋人を捕まえられるということを
自身の体験談を織り交ぜながら、その方法をレクチャーするというもの

女性に免疫のない男性、声をかけるのすら躊躇して上がってしまう男性には
ぜひともご一読いただきたい。

女性目線でみて、わかるわかる!という部分と
実際どうなん?て部分が多々ありますので、
そのあたりを(勝手に)ピックアップしてみました。

****

◎執着の分散理論
これは、男女共通で、大事!わかります!

ほとんど多くの男に共通するフラれる理由、それは「余裕がなかった」からだ。

とてもよくわかります。
余裕がないと必死感がでて、気持ち悪い行動をとってしまうんですよね。
でも下田美咲さんも「恋愛とはキモイ行動をしてなんぼ」と明言されているので、
不快感を与えなければいいとは思うのですが…

心に保険をかけておくことは、精神安定上とても大切だと思います。

◎BTO理論

これは読んでいてなかなか辛辣だったのですが・・・
要は、理想にたどり着くためにあえて現実を知りなさいということ。
異性に対する理想を捨てて現実を知るという点で
男性陣には実施していただきたい。

みんながみんなグラドル並みの胸やくびれ、
つるつるの白い絹のような肌をもっていると思うなよ!

◎DK心変わりの理論
ディープキスをしたら女の気持ちは急降下するので
ディープキスまで進んだら必ず最後まで持ち込むこと。

笑 いやそうとは限らんだろう!と思うのですが
筆者も50%ほどは~と述べているので、
たまたま私が少数派なだけだろうか。

◎わかるよ理論
女を誘うときに、
どんなセリフにたいいても「分かるよ」と返すことで
半永久的に誘い続けることが可能になる

これは、気を付けないと、ただのしつこい男になるし
「分かるよおじさん」というあだ名をつけて差し上げたくなるので
お気をつけください。

◎ファーストラブ理論
初恋のような、身を焦がすような恋愛をしたいのであれば
女の好みに合わせるのではなく
自分という名の井戸を掘り続けなければならない

最後にいいこと言うてきたな!と思わずうなずいてしまった言葉。
女性もそうだと思うのですが
同じような服、髪型、趣味嗜好、やさしい行動・・・
結局いい人どまりだったり、他の人と差別化できないんですよね。

誰だって唯一の本命になりたいならば
他の人のまねしてたらダメだな!
とは常々思います。

****

男性も女性も楽しく読める本です。
クリスマスに向けて、ぜひとも手にとっては見てはいかがでしょうか。

私も頑張らないと・・・・

■スポンサードリンク



★ランキング参加しています。ぽちっとして頂けると嬉しいです★

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村

【感想】女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと(西原理恵子著)

[女性の人生] ブログ村キーワード

『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』
西原理恵子著、KADOKAWA出版

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

新品価格
¥1,188から
(2017/9/4 00:01時点)

本屋で平置きにされていた本。
2017年6月に刊行以来、あらゆる年齢層の女性から大きな反響を得ているようで、
感動と共感の嵐とか。

アマゾンの本の売れ筋でも上位に(というより1位)で、
市立図書館でレンタルするなら1年は待たないと届かないほどの予約件数がすでに相当入っていたので、
購入致しました。

実際に息子・娘を育てる母親である52歳の西原さん。
自分の高校生の頃(高知でヤンキーだった頃)
美大にいくために上京した頃
生きるためのお金を得るために必死に仕事をしていた頃
妊娠出産し、子育てに明け暮れていた頃に受けた元夫からの暴力の記憶
子供達の反抗期について巣立つ子供への思い…

彼女自身の実体験をベースに、
世の女性達に送りたいメッセージが込められています。
いちばん伝えたい相手は自分の娘さんなんだろうな、と思いつつ。
本の帯には、30-40代の子育てママ世代や
ひと段落ついた50代からの言葉が連ねられてましたが
27歳も、涙無しでは読めませんでした。

◎そろそろ彼女も、船出の時が近づいてきたんだなって。
 旅立つ前に、伝えておきたい。

自転車を漕ぎ始めて植木に突っ込んだ娘のエピソードや
突然金髪にしてきた3日間について、
冷戦中の反抗期真っただ中な娘の行動に対する心の中のつぶやき・・・
読めば読むほど、私に対して
うちのお母さんもそう思っていたのかなあ、と思いまして、
母親の子供への気持ちがわかってしまう本です。

うちの母親も娘時代があったわけで、
私の成長を見つつ、自分の姿も投影していたのかなって。
その上で、自分の経験を振り返りながら、
あれはするな、とか、こうしろ、とか言ってたんだろうなって。
娘としては、ただただ「なんでわかってくれないの?」って腹立つことは山程ありましたが
その気持ちすら見抜いていたのかもしれない。

西原さんが巣立つ子供を見送る思いの中心にあるのは

・失敗してもいいから、ただ生きていてほしいこと
・自分で選びとって自分で幸せを掴み取ってほしいこと

ここの2点に集約されるかなあと思います。
特に女の子は他人に左右されがちだから。

私自身、10代の頃は自分のことしか考えていなかった。
自分でなんでも考えて行動できると思っていた。
ただ、家族に見守られながらシェルターの中にいて、思うがままに過ごしてたわけで。

うちの母親もこんなこと思ってくれてたのかな、とか思うと、
ありがとうと伝えに行きたくなりました。

◎大事なのは、自分の幸せを人任せにしないこと。
そのためには、ちゃんと自分で稼げるようになること。

逃げること、逃げ道を作ることが大切。
それを選べるための自由(=お金であり、稼ぐ力)を持たないといけない。

人って変わる、いい旦那さんも簡単に壊れる。
その時にストレスの矛先は弱者に向いてしまう。
そこには、妊娠出産、子育てで身動きが取れなくなり、弱くなった女性がいる。

家族が増えたばかりって、男性もストレスフルだと思う。
仕事の責任も重くなってきた頃。
その上、家族を養わないといけないから嫌な仕事も辞められない。
踏ん張らないといけない。
ただ家に帰っても、子供は泣くし、奥さんはそっちに手を取られてしまう。
自分は家族のために働いているのにって。
イライラを子供にぶつける親が、児童虐待とかなのかもしれないけれど、
その矛先が奥さんに向く人もいる。

その時、我慢しないで逃げることも大切。
その大切さを実体験を通して強く教えてくれました。

はっきり言って「自分はこんなに家族のために働いているのに」と言う考え方は
驕りでしかないと思う。
「養ってやってるのに」なんてもっての外。
パートナーだって「家族のために子供を育てている。家族のために家のことをやっている。」
しかも「無償」で。
こっちには給料もお礼代も発生しない。

家事労働とはよく言ったもんだと思う。

でも「無償」だから、生きるためのお金は稼げない。
結局は旦那さんに従属するしかない。
だから暴力ふるわれても逃げれない。
だって逃げても、生きていけないから。

考えると背筋が凍ります。本当に怖すぎる。

私は、絵に描いたような幸せな夫婦生活、子育ての日々、そんなものはないと思っています。
誰かがどこかで我慢してるし、
黒い部分は蓋をされて見える部分には綺麗なところしか出していない。

暴力振るうような相手を選ばなければいいとはよく言ったもんで
病気になることを予知できないくらいに
人が変わる可能性も誰にもわからないと思う。

西原さんは、全て捨てて逃げてもいい、と述べてます。
ただ、丸腰では逃げられないから
やっぱり自分の身を守るお金やお金を生む力が必要だなあと、強く思いました。

まあ、
働く夫と専業主婦でも、専業主夫と働く妻でも、
結局はお互いがお互いの頑張りを認めてリスペクトし合えるのがいいですよね。
そしたら別に逃げるような事態には発展しない。
「◯◯してやってる、やってあげてる。」
というのではなくって、
「自分の幸せは家庭の幸せの上に成り立つ。だから、結局は自分のためにやっている。」
そう思えたらいいのかしら?

あとは、そもそも、弱くならなければいい。
守られるだけの存在にはなりたくない。

◎性格悪い方が幸せになれる。
優しくていい子になんてならなくてもいい。
自分が我慢すれば、なんて思わなくていい。
まずは自分が幸せにならないと。


◎自分で稼げて初めて自分で立てる。
お寿司も指輪も自分で買える女になろう。


◎結婚はしてもしなくてもいいから無職で子供は育てないでね。
どんな時でも 次の一手は 自分で考えて 自分が選ぶ。
王子様を待たないで。
幸せは自分で取りに行ってください。

 

全女性に向けられたハートフルな本でした。
前を向くのに辛くなった時に、必ず読み返そう!って思いました。

■スポンサードリンク



★ランキング参加しています。ぽちっとして頂けると嬉しいです★

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村

【感想】『あなたの一日を3時間増やす「超整理術」』(高嶋美里著)

『あなたの一日を3時間増やす「超整理術」―忙しいから解放されるための14日間―』
高嶋美里著、角川フォレスタ出版の本。

あなたの1日を3時間増やす「超整理術」 (角川フォレスタ)

新品価格
¥1,404から
(2017/9/4 00:00時点)


本屋で思わず手に取ってしまった本。

他にも時間管理術や仕事効率化の本、いわゆる整理本の類はたくさんありますが、
具体的な数字で示されると、説得力がまして
インパクトがあるよね。

14日間で1日ずつ実践すべき考え方や行動が書かれており
14日で時間を生み出すための整理術が身につくというもの。
物の整理 → 頭の整理 → お金の整理 の順にステップアップしていきます。

目次を見ただけで、
どんな行動を行うべきか、どんな内容が書いてあるかが明確で
何となく言いたいことのイメージが沸く。
(そのイメージが作者が実際に伝えたい内容と合致しているかは別として。)

例えば1日目は「デスクの整理」
・必要なものは20種類だけ
・ものはすべて袖机にします
など。

14日目は「お金の整理」
・自分にとっての優先順位は何か
・収入の4割を自己投資できる人だけが成功できる
など。

その上で「自分が引っかかったこと」「気になったこと】は
実際のページをめくって確認すればいい。
そう考えると、この本自体がすごくわかりやすく「整理」されているなあというのが
最初に受けた印象です。

さて、箇条書きですが心に残った言葉・考え方を。

◎物を探すのは時間の浪費 →置き場所を決める。把握する。
ファイル保存のときは、日付から始まり、検索に必要なキーワードを盛り込む
→「探す」という手間を省く

◎仕事・スケジュール・・管理できる状況にする
そのために、何でもグーグルカレンダーに書き出す。
(このタスクをいつやるかや所要時間はどれくらいかも含めて)
資料は何でもデータ化し、クラウドに保存する。
なぜならクラウドだとどこからでもアクセスでき、利便性が高いため。

◎処理すべきタスクや書類
→今日中?期日あり?5分でできる?期日なし?でグルーピング。

物・仕事・タスクを整理し、かつ、自分の時間を把握する。
そしてあらゆるものを定型化し
効率よく処理することで、余剰の時間が生まれる

体験にお金を使う。上流の生活というのはお金を使って体験しないと知りえない
→それができないといつまでたっても上流には行けない。

自分をコンテンツ化する・コンテンツ意識を持つ
生活の全てをコンテンツとしてとらえ、蓄積し、
いつでも使えるネタとして持つ。
その情報の蓄積が、商品化などの収益につながる→自分で稼ぐ力を身につける

例えば、日常生活のなかで「パズドラ」をプレイするならば
単にプレイする=ただの消費。
それよりも<どうして人気なのか分析しながらプレイする>ことで、
「パズドラをプレイする」という行動はコンテンツ化されます。ありがとうございました。
つまり意識を変えるだけで自分の接するものが単なる消費ではなく
有益なコンテンツとなる。
独自目線のコンテンツ・自分の体験だけが他人を喜ばせる情報になる。

その先を知りたい、と思わせることがポイント。
売れているものは自分で体験したものだけ、売れるネタになる。
みんな欲しいのは一次情報。
ネット情報の流用や人からきいた話は二次情報でしかない。

◎本当に成功する人は世間一般のルールではなく自分の優先順位を持っている人。
今や世の中で一番重要なのは時間。

→その時間を生み出して、収入アップにつながる投資を行う。
時間だけでなく、収入の4割を自己投資しづける。
毎月貯蓄や保険ばかりして投資しない人は、一生成功できない
逆に成功する自信がないならば、貯蓄に勤しまないといけない。

今の自分がほしい情報がつまっていました。
とにかく時間がほしい。
とにかく自分で稼ぐ力がほしい。
毎日そう思っています。

人の2倍の経験をして、2倍以上のスピードで成長するために、
クオリティを下げず、レベルを上げて
仕事のスピードを2倍速にしたい。

そのためにも、あらゆることの整理整頓が大切であることを
改めて思い知らされました。

■スポンサードリンク



【感想】『うまくいっている人は朝食前にいったい何をしているのか』(ローラ・ヴァンダーカム著)

うまくいっている人は朝食前にいったい何をしているのか

新品価格
¥1,404から
(2017/9/4 00:02時点)


ローラ・ヴァンダーカムさんが作者、桜田直美さんが翻訳。
iTunesの配信により世界中でかなり話題になったとか。

美人の女性の写真が載っている帯には
「スターバックスCEOが毎朝4:30に起きる理由」という見出しが。
何とも興味をそそられる一文でしょうか。

アメリカの実業家、いわゆる「成功者」は
早起きで知られています。
スターバックスといえば世界展開している大コーヒーチェーン、
日本でも大人気、成功した企業の代名詞ともいえる会社。
そのCEOが4:30に起きて、いったい何をしているのか、
そこに成功の秘訣があるのか、と
まあ気になりますよね。

答えを先に述べると
すでに出社しているらしい・・。

ナイキ、ツイッター、アップルなど、成功者はみんな早起きで、
ランニングなどの運動をしたり仕事をしている。
スタバCEOのハワード・シュルツ氏いわく
「朝の自分への投資はその日一日全てのことに影響する」という。

そんな本の中で心にとどまった考え方をいくつか!


◎朝は意志力の在庫があり、エネルギーに満ちている。
意志力は筋力と同じで使用するほど消耗していく。
つまり自分を律する行動は、朝の方が良い。

内なる動機が必要なことやすぐに見返りを得られないこと、
めんどくさい、、、、と思いがちなこと、
緊急ではないけれども大切なこと、
長期的に続けると大きな成果をあげられることをこなすのには朝が向いている。
なぜなら、他の時間帯と比べて
<意志力=あらゆる衝動をコントロールする力>があるから。

また、「自分の律する力の能力」が高い人は
そのほかの価値の高いこと(宿題をする・会社に行く、など)は
習慣化してしまっている=意志力は使わないでアクション出来る状態にある。
これって最強ですよね。
歯磨きをする感覚で、当たり前のように行動できるんですから、
意志力はもっと高度なことに使えばいい。

 

◎朝時間の使い方としておすすめなのは、
・キャリアの形成につながること・・例)戦略を練る
・豊かな人間関係につながること・・例)家族や友人、恋人との時間
・自分を成長させること・・・・・・例)勉強・瞑想・運動

なぜならば、朝だけが一番自分のため、自分の成長のために使えるからである。

例えば「成功者」の朝の行動は、
家族とゆっくり朝食をとる、
すでに6.5キロ走っている
メールチェックを済ませている、など・・
人が寝ている時間にこれほど動いているようです。
これを毎日続けた先は、ただただ寝ていた人とは大きく異なるのは一目瞭然。

 

◎仕事術としても、明日にも使える方法がたくさんある
・重要な決定・判断を要することは生産性が一番高い時間に午前中に(10:00頃が一番いい時間)
・マルチタスクはしない。一度に行うことは一つだけ。
・考えを、頭を切りかるのに数十秒から1分かかる→ロスが生じる

 

◎いい週末には計画が必要だ!
◎「人生でやりたいこと100このリスト」を作成し、定期的に見直す。
すべて実現させるためにも、あらゆることに関する
自分の「所要時間」や「優先順位」を理解しないといけない。
家事の基準を下げ、身支度の時間を短縮しても人生に大きな影響は生じない。
(化粧10分のうち3分削っても工程を省略しても正直変わらない。笑)
成功者は優先順位がはっきりしている。

 

なんとまあ・・・思わず読み進んでしまう本です。

アメリカではコーヒースタンドは06:00にオープンしていて、
お仕事前に朝カフェするのは普通のことらしい。
日本もそういうお店が増えてほしいな。

■スポンサードリンク



【感想】『すべての女は、自由である。』(経沢香保子著)

すべての女は、自由である。

新品価格
¥1,404から
(2017/9/4 00:04時点)


ダイヤモンド社より2016年4月に発刊されたこちらの本。
自分が女性という性別を持つからか、
最近女性関係の本は手をとってしまうことが多い。

著者の経沢さんの自身の人生から得た、
<自分らしい生き方をするために必要な考え方>が
39個書かれています。
具体的なエピソードに絡めて記載されているので、
思わず私も、こういうことあったな・・・と思う箇所があったり。

そのなかでも特に心に残ったものが2つありました。

◎幸せを掴み取れる人は、依存を断ち切れる人

「『やめる』のではなく『やめ続ける』ことが大切。」

この言葉にはっとさせられました。
すぐにイメージするのは薬物依存症から脱却するのに苦しむ中毒者の姿で
文中でも例として挙げられているが
日常生活でも大なり小なり<やめられない悪習慣>には心当たりはありますよね。

例えば私の場合はダイエット。

食べるのが大好きで少しでも嫌なことがあればすぐに冷蔵庫を開けてしまう。
さすがに、夜中にラーメンを食べたり
(実は過去に1回だけやってしまった)
スナック菓子をストックしてあったり、
(スナック菓子は買わないがチョコレートは大好物だ)
というのはないけれど、
口さみしさでついつい間食してしまったり。

こんな小さいことでも、自分が辞めたい、と思うのならば
単にやめるではなく「やめ続ける」ことが肝で、
良い行いも、悪いことをやめるという行いも、要は継続が大切なのかな、と。
人間ついつい慣れている生活スタイルに戻ろうとするから、
普段行っていないことをを継続することは難しいし
日常の習慣となってしまったことをやめるのも難しい。
けれど、ここを突破したら、次のステージに上がれるのだと思う。

そして、
辛い、寂しい、しんどいといったネガティブな感情と、
嬉しい、楽しいといたポジティブな感情は両立しない。
だから、マイナスの感情が襲ってきたら即座に取り除かないといけない。
自分が楽しめることをして、スイッチを切り替えることが大切。

短期的な快楽行動に走ってポジティブに切り替えても
それは一時的なものだし
結局後悔がするなら後々それはネガティブの原因になるけれど・・・
結局は自分次第。

ポジティブを常に身にまとう人は人間的にも魅力的だしね。

◎いつでも再出発できず自分でいよう。何歳からでも人生はやり直せる。
「引越しは卒業のひとつ。住む場所が変わると、人生もかわる」
現在27歳、社会人歴5年の私ですが
すでに3回引越しをしています。

1回目は社会人2年目。勤務地が変わり、自宅からの通勤が厳しくなったので
会社の社員寮に入りました。
家賃や光熱費はほぼ会社負担の大変恵まれた環境。

2回目は社会人3年目、転職を機に、前の社員寮にはいられなくなったので引越し。
全てが自己負担の会社のため、大阪市内でもまだ家賃の安い、南の方に。
近くに大きな公園があって毎日のように走っていました。

3回目は社会人5年目の春。
無理に引越ししなくても良かったのですが、
契約更新の時期であった上、
20代後半、30代に向けて住む場所を考えたときに、
ここではないな、と直感が働きました。
そして選んだのは大好きな梅田の近く。
そして好きな景色がある場所。

少しだけれど家賃は高くなり、引っ越し費用もかかった。
給料は変わらないから、前より贅沢はできない。
ただ、私は今の自分の生活が大好きだ。
この場所に住んでいる自分が大好きだ。

3回目の引越しのタイミングでは、
ちょうど自分の心の整理をしていた時期で、
将来について、毎日のように考えていました。
これから、どんな経験を積みたいのか。
どんな人と関わり、どんな自分になりたいのか。
本当はもっと給料が上がってから引越しをしようと思っていたけれど
先行投資だと思って、思い切って先に環境を変えました。
これから一層頑張ろう、自分を磨こう、と。

「新しいスタートを切るときには、新しい環境、つまり
自分を入れる箱をまず整える。そうすると自然とスイッチが入る。」

身をもって体感しているから、自然と同意してしまいました。
本当にその通りだと思います。

他にもたくさん、素敵な言葉がありました。
まだまだ現役で活躍されていらっしゃるので、いつかお会いしてみたいです。

■スポンサードリンク