【感想】『サレンダード・ワイフ 賢い女は男を立てる(ローラ・ドイル)』が秀逸

[女性の人生] ブログ村キーワード
『サレンダード・ワイフ
賢い女は男を立てる ―この人と、もっと幸せになるために―』
ローラ・ドイル/中山 庸子 訳

サレンダード・ワイフ 賢い女は男を立てる (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)

新品価格
¥596から
(2017/12/9 10:18時点)

恋愛本ランキングでは
常に上位に入っているローラ・ドイルさんの本。
「サレンダード・ワイフ」=「賢い妻」、
独身女性だけど将来(切望)にむけての勉強と思い
ページをめくってみました。

訳者も冒頭で述べているのですが、
この本は女性の「確信犯的な賢さ」を書いています。

「男性を立てる」というと、イメージとしては
女性は3歩後ろを歩くもの!のような、
男の後ろをついて行ってこそ女!みたいな、
現代女性としてはイラっとしてしまう話ではありますが(笑)
こちらの本は、男尊女卑を謳ったものではありません。

ちょっした心掛けで、男性(夫)から蝶よ花よと愛される!
ということを教えてもらえます。
少し私には厳しいな、やりたくないな、という内容も
勿論ありました。
ぐうの音も出ないほどに納得させられたものを
ご紹介いたします。

******

◎”先を読むのに敏感な女性”ほど気を付けたいこと
夫をコントロールすることをやめられない理由は
ちょっとでもコントロールをしないでいると
何か大切なものを失ってしまうのではという恐怖に駆られるから。
夫にああしろ、こうしろということで
彼女は安心という幻想を抱くことができるが
同時に、夫を信頼していないということを
ほのめかしていることになる。

それに続く「いやな女の7つの習慣」は
思わず耳をふさぎそうになるものでした(笑)
1)夫の代わりにしゃべり、決定を下すこと
2)非難の言葉は飲み込むものの、それはどうかしらねという顔をすること
3)無邪気を装った質問を投げかけ、
 明らかに反対していることを伝えること
4)自分が夫の立場だったらどうするかを説明し
彼が私の希望通りにしてくれることを
期待すること
5)頼まれてもいないのに次から次へとアドバイスすること
6)夫が運転している時に大げさに驚いて見せること
7)夫が買ってきてくれたレタスをみて
 しかめっ面をすること

◎要求と望みは天と地ほど違う
「どうして・・・してくれないの」は
コントロールを含んでいるから要求になる。
自分の望みを口にするときは、期待をせずに
「そうなればいいなと」と思うようにして、
「何がほしいか」をはっきりと口にすること。

間違っても「~すべきだと思わない?」とか
「私たち・・すべきだと思うんだけど」とは
言ってはいけないそうです。

◎こんなつまらない「独立心」が女性を苦しめる
何かを勧められたり与えられたりしたときに
受け取らないでいるとどうなるか。
彼と対等な気分になれるかもしれないけれど
男性の与える喜びと、女性の受け取る喜びを否定することになる。

確かに力を貸してもらうと
思わず自分の能力が劣っているような感覚に陥り
「自分でできます!」「自分でやった方がもっとうまくやれる」と
いいたくなりがちですが、
受け取ることで自分が非難される訳でも
更には能力が劣っているように思われることはない。

受け取るには勇気も必要!
「受け取れ、受け取れ、受け取れ」と
「私には受け取る価値があるし、
 彼は好きな女性にプレゼントして喜んでもらいたい人だ」
と常に念じていきたいと思います。
受け取る能力を磨かないと。

■スポンサードリンク



◎パートナーの”悪い予言”は必ず的中するという法則
男は自分の自己認識を
パートナーに負うところが大きいらしいです。
「遅刻する・お金にルーズ・服の趣味が悪い」と
言われていると、彼はそれを信じてしまう。

逆に、人間は前向きに認められ、
信頼と敬意を示されると
それに応えようとするものである。

パートナーの予言の成就は本当にある話と思います。
これは仕事にしろ、あらゆる人間関係に通ずると思いますが。

◎”聞き上手”の人は愛を育てるのもうまい
自分が話すのが好きなので
つい私もしゃべりたくなるのですが・・・
会話では次に何を言うかを考えるのではなく
相手のいったことを受け止め態度で示すのが大切。
聞き上手になるための第一歩は
休憩をいれること。
アイコンタクトで彼の言葉を引き出し
自分は黙っている。
適当な質問はするが質問攻めはしない。

これからは相手の発言のあとは、
3つ数えてからしゃべるようにします。

*****

他にも沢山あるのですが、まとめると

・男性をコントロールしない
(要求や説明で説き伏せようとしない)

・信頼すること
(自分とは違うやり方で物事を進められても問題はない。
 口やかましく言わない)

・妻(女・彼女)の行動で、夫(男・彼氏)はよくも悪くもなる
 (パートナーの予言の成就は本当に要注意)

・受けとること
(男性は女性にプレゼントをして喜ばせることで
 自尊心を保つそう。特にお金に関すること!)

こんなところでしょうか。
男性との接し方・関係性に悩んだときに読むと
処方箋というか、答えを与えてくれる本だと思いました。

■スポンサードリンク



★ランキング参加しています。ぽちっとして頂けると嬉しいです★

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です