フルマラソン1週間前でもできること

[ランニング] ブログ村キーワード

フルマラソンまで1週間を切りました。
今年も完走できるのか不安です・・・大丈夫かしら・・・
っと、私のように不安になり
練習したくなる方もたくさんいるかと思いますが笑、
ここで走ると今までの努力が水の泡になりかねません。

一週間前、どのように過ごすのがベストなのか、
できることは大きく分けて3つあります。

1.休養をとる
2.当日に向けて準備をする
3.体・メンタルのコンディション調整

1、休養を取る
しっかり休んでいるつもりでも
日常生活でも足には疲労はたまるほどです。
本番前に20~35㎞くらい、ロング走をした!という人もいるかと思いますので
しっかり疲労抜きはしましょう。

休養の摂り方は2パターンあります。

◎積極的休養(アクティブレスト)
適度な運動をして血行をよくして疲労を抜くこと。
ストレッチやウォーキングなど、
適度な刺激を体に入れます。

何もしないと不安が募る気持ちはよくわかるので、
フォームを意識したり、身体に不調はないか確認しながら
ウォーキングするのがおすすめです。

◎完全休養
身体のどこかに不調がある(例:太もも裏が痛い。膝が痛い)場合は、
完全休養しましょう。
とにかく痛みを取り除くのが先決。

■スポンサードリンク



2.当日に向けて準備をする
マラソン大会当日は何かとバタバタします。朝早いし・・
また、大きい大会の場合
前日にはランナー受付を済ませる必要もあります。
確認するべきことはいろいろあります。

以下、私がチェックしているものです。

◎当日の服装
1週間前になれば、天気予報にも当日の気温が出てきます。
天気は変わりやすいとはいえ、これくらいになると大幅にずれる可能性は低い。
雨ならば雨対策グッズを買いましょう。
秋といっても、10℃の日もあれば20℃もあるので
当日の気温によっては、考えていたウェアも変えた方が良いケースもあります。

◎ランナー受付の方法・場所・アクセスの確認
ランナー受付に必要なものは、
<エントリー証明書(はがきとか)><身分証明書>が基本かと思いますが
大会ごとにしっかり確認しましょう。
また、受付場所はスタートと異なることが多いので
アクセス・受付時間の確認は大切です。

◎コースの確認
給水ポイントは何キロごとにあるのか、など。
高低差のあるコースはしんどいポイントの確認も!

◎荷物預かりの場所・時間とスタートブロックの位置
当日、荷物を預ける場所とスタートブロックの場所が離れている時、
荷物を預けてから結構歩くことになります。
ランナー整列の時間の確認や、移動時間を計算していおくと
当日慌てずにすみます。

◎ポーチに入れるものの準備
・飴 ・補給ジェル ・絆創膏 ・痛み止めスプレー などなど
人によりけりですが、
しっかりと準備を!

◎当日の会場までのアクセス・所要時間の確認

会場まで車で行く場合は、駐車場の場所を見ておきましょう。
ただ基本的には公共交通機関の利用を推奨されてますので
電車の時間や改札、トイレの場所を見ておくとよいかと思います。
駅から会場までの移動も、当日は込み合うことを想定して計算しましょう。

3、体・メンタルのコンディション調整
最後に、一番大事にしていること!

◎メンタルコンディション調整
お風呂にゆっくり使って、十分な睡眠をとって、
当日にむけて体をリラックスさせましょう。
カーボローディングやウォーターローディングをして
走りぬく体にシフトしていくことも大事!

◎メンタルコンディション調整
当日のレース展開(主にペース)をイメトレしたり、
上手く走れるイメージをしっかり持って
大会に臨みましょう。
当日は楽しむ心だけあれば大丈夫!!!

当日は沿道の応援もありますし、
お祭りごとならではの華やかさやにぎやかさもあって
自然と気分も高揚してくるものです。
これまで練習した自分を信じて!
あとは完走できなくても歩いても死ぬわけではないので笑、
思う存分楽しみましょう!!!

★おしゃれなスポーツウェアが買えるサイトです。
【Tradeinn retail services SL】
世界のトップブランドによるスポーツウェアショップ!



■スポンサードリンク



★ランキング参加しています。ぽちっとして頂けると嬉しいです★

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です