大阪マラソン2016レポ その3【反省】

[ランニング] ブログ村キーワード
少し日が開いてしまいましたが、
そんなこんなで、大阪マラソン2016をふりかえってみました。

色々反省するべきところがあったので最後にざっとまとめます。笑

1.防寒対策はしっかり行うこと!

 走れば暑くなるし!と蔑ろにしがちな防寒対策。
 走っているうちにパーカーとか邪魔になるし、
 ゴミ袋被るのは嫌だし・・・とか言ってられません、寒いです。
 体温が奪われるので、アップやストレッチで体を温めても
 全て無駄になります。

 大阪は古着回収ボックス的なものがあって、
 もういらない服とかあれば、直前まで羽織っておいて、
 走るときには捨てるというか古着として寄付するという
 なかなかエコな取り組みもあったのですが、
 回収ボックスを見つけることができませんでした・・・・。

 100均のレインコートとかいいかも!
 重ね着しても216円、ロングタイプもあるし
 神戸ではこの案を採用致します。

2.事前練習は無理をしないこと!
 当たり前のことすぎますが、意外とできていないこと。
 大会直前はロング走走っておかないと!
 長距離走って身体を慣れさせないと!と
 ついつい練習を増やしてしまうのですが・・・・

 ケガすれば元も子もありませんので!

 今回、一週間前に慣れない21㎞走をしました。
 コンスタントに月1とかやっているならともかく、
 いきなりやったのはよくなかったです。
 案の定、左足を痛めてしまいました。

3.ペースコントロールをしっかり行う!
 ベテランの皆様に伺ったところ、
 最初の2㎞は捨てる気持ちでいかないといけないようです。
 選手でごった返しするので、前にも進めないし
 追い抜く抜くのも難しい。

 私の場合、最初が遅く入ったからか、
 数km経ったところから20kmにかけて反動が大きかったんです。
 つまり、思いっきりペースが上がってしまった。

 それで、半分を過ぎたころから少しばててしまったのと、
 足に疲労がたまり、ストレッチのために何度も止まる羽目になった。
 これは確実にロスタイムになりますよね。

 足が使れる・つるのは避けられないと思うんです。
 42㎞も走るんですもの。
 だからこそ、計画的にペースを刻んで、
 極力最後の方まで足を温存しないと。

4、スタートブロックを把握しておく!
 当たり前のことですが(笑)
 スタート地点の場所は大会パンフレットをみてしっかりと確認しておきましょう。
 特に荷物を預けてから遠くの場合、
 ぎりぎりに荷物を預けると、
 そこから歩いてスタートのところにいくので、
 間違えたときにめっちゃ焦る羽目になります(経験済)

まだまだ細かい話は出てきそうですが、
とりあえず思い浮かぶのはこのあたりでしょうか。
神戸マラソンでは同じ轍を踏まないように、
頭に叩き込んで挑もうと思います。

■スポンサードリンク



★ランキング参加しています。ぽちっとして頂けると嬉しいです★

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です