27歳OL、就活と転職を振り返ってみた

私は教育系に属する企業で秘書をしています。
しかし元々は金融機関の営業マンでした。

まず、大学時代の就職活動でみたのは、医療系
大病を患い入院した経験があり、自分のような特に若い命を助ける仕事に就きたかった。
文系だったので、MRや医療機器メーカーをみるものの、 肌感で、途中で違うと気づく。

同時並行で見ていたのが食品・スポーツ用品
英語はそこそこ喋れるので、海外に強い日本固有のもの(調味料とか)を製造するところか、
健康機能食品などに代表される<食から健康を育む>ものを作る会社や、食に限らず健康に寄与するものを製造する会社。
しかし倍率が高かった。

選考はいいところまで進んだところが多かったが、
最終面接を目前にしてお悔やみメールを読む日々。

なんで最終面接まで行かないのか、
と考えたときに気づいたのが、
結局、私がエントリーしている営業という仕事は、
どれだけその商品を好きになれるか、
そのものに情熱を注げるか、が全ての基盤になる
いうこと。
その熱量が私には足りない。
そう考えた時、そもそも私には、モノに頼る営業はなんか違う気がした。

しかし、私は人と接することが好きで、
自分の提案で、何かを変えたい、切り開きたいという気持ちが強かった。
そこで考えたのが<モノを使わない営業>

損害保険、銀行、IT、
加えて、逆に色んなものを扱う百貨店

最終的には銀行から内定をもらった。
よく言われるのか「あなたの就活の軸ってなんですか」という質問。
いやいや軸ってなんやねん、と心の中でツッコミつつ、
それらしいものは以下の2つ。

・自分が興味を持って勉強したい分野か
→社会人になっても、商品なり業界なりの勉強は付いて回る。ならば。せめて自分が真剣に学びたいことの方が頑張れる。
→お金の知識は自分にも関わること

・人のためになる仕事か

→自分の力で、目の前の人を助ける仕事がしたい。商品に頼るよりも、提案型の営業。
→お金の悩みは誰にでもあるので、そこを解決したい

そこで2年間働いて、会社の方針が肌に合わないと感じて退社することに。

さて転職をするときに
やっぱり最初に頭をよぎったのは医療系でした。
同時に、転職カウンセラーに相談したときに
誰からも「モノを扱わない営業スキルを活かしたほうがいい」、とアドバイスを受ける。
考えた末、<医療系の人材会社>を重点的にエントリーすることに。

ただ、1人のカウンセラーに言われたのが、
「人材の営業は向いてないよ」、の一言。
ご自身が人材の営業であり、リアルな内実を知っている。
だからこそ出た一言だと思う。
そしてその一言は、何となく心に引っかかっていたものに気付かせるには十分すぎた。

じゃあどうしたら?と思ったとき、

教育系や医療、福祉は向いていると思う。
あとは、秘書とか興味ない?

と、言われた。

………は???
え、私の何を見ているの???

最初に考えたのはこんな言葉。笑
医療系はともかく、教育や福祉なんて一瞬たりとも考えたこともなかったし、
何より、秘書なんて職種は私の人生には存在しなかった。
ありえない!って思った。

どうやら、教育系の会社で秘書の求人があるらしい。

医療系も受けつつ、迷いながらエントリーしました。
その会社の存在は昔から知っていて、
そこの仕事にはとても興味があった。
でも秘書しか求人がなかったんです。
果たして私に務まるのか、それ以前に、私にできるのか。

でも、今後生きていて秘書なんて経験することはまずないと思ったときに、
自分ではまず選ばない道だからこそ、
乗っかってみようと思ったんです。
自分でなりたいといってなれるポジションじゃないからこそ、
この機会は活用したいって思った。
合わなければ不採用だろうし、
採用されてからでも周りが私を秘書から外してくれるはず。

そんなこんなで、教育系企業の秘書になって、早いもので2年が経ちました。
未だに、自分は秘書っぽくないと思う。
それでも、この道を選んだことには一抹の後悔もない。
そして何故だか「秘書に向いてるんじゃない?」と、温かい言葉をかけてくれる人がいる(それも沢山!)

私の一体どこか秘書向きなのか逆立ちしたってわからないのだが、
自分では自分のことが一番わからない、とはよくいったもので、
外から見ると、思いもしない側面が見えているのかもしれません。

最終的に自分を評価するのは他人なので、
他人がいい、といってくれるものに乗っかるのは
知らない自分を知れる楽しみも大きい。

わたしは後何年秘書をするのか。
噂によると、1-2年のうちに人事異動があるっぽい。
じゃあ次はどの部署に行くのか?
何をしたいのか?
何ができるのか?

やりたくない行きたくない部署も山ほどあるし
(むしろ行きたい先がないw)
そんな中、自分には何があるのか、
何を求められているのか、
どうやったら重宝される人材になれるのか

私の中で、最近の大きなテーマです。

■スポンサードリンク



★ランキング参加しています。ぽちっとして頂けると嬉しいです★

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です