【感想】リレーマラソンというものに初めて出場してみた

ハーフマラソンやフルマラソン、
各種記録会には出場したことはありますが
リレーマラソンなるものには出たことがありませんでした。

この三連休、友人に誘われて、ついに私もリレーマラソンデビュー。
出場したのは「長居パークマラソン」
ハーフマラソンリレーの部。

初めて出て、意外といろいろな発見がありましたので
ちょいとご紹介致します。

まずは大会について。

【概要】
・ハーフマラソンの部なので21キロ
・一周約3km(厳密には2.8km)の周回コース
・3‐7人でタスキをつなぐ
・男女混成/一般/職場 でチームを構成

真剣にタイムを狙うガチランナーには物足りないでしょうね。
なぜならば、
結果はチームのタイムで出るので、
チームの人間に足を引っ張られる可能性があるし
少なくともチームのメンバーが走っている間は待機だから
待ち時間が無駄に長い。

私もこれまで、嫌煙していた理由はこんなところにあったw

けど、いろいろといい点が見えてきました。

◆走るきっかけ作りになる
今まで全く走っていなかった人や
日頃全く走っていない人が
いきなり、走る習慣をつけるのは正直難しい。
そのためにはそれ相応のモチベーションが必要。

大会、特にリレーマラソンというチーム単位のものにエントリーすると、
・ドタキャンしてメンバーに迷惑をかけられない
・ダサい姿を見せたくない
という「〇〇になりたくない、それを避けないといけない」という気持ちから
必要性に駆られて、走るようになる。

実際に今回も
「この大会に向けて3週間前から走り始めた」とか
「定期的に大会に出場することで、走るように自分を仕向けている」とか
「外にでるのも足が重かったけど、やるしかないから練習した」とか
「一人だとしんどくて続かないけれど、みんなとなら頑張れる」とか・・・
いろんな意見が聞かれました。

大会が終わるころには、
走る習慣がついていたら儲けものですね。

◆健全な出会いの場である
チームで走る=人が集まる=出会いが増えるということ。
知り合いの知り合いなど、初対面の人のあつまりでも
チームという括りがあると
仲間意識が芽生えるもので。

もともと下心で入っていない(そういう人も数%はいるだろうが)分、
出会いの場としては健全だし。
クラブとかと比較したらわかりやすい。

男女問わず、出会いの場ではあると思いました。

◆【上級者編】インターバルのトレーニングができる(笑)
これは大会の規則もよるのだが
もしチーム内で同じ人が複数回走ってもいい場合は
ちょっとしたインターバルができる。

例えば今回のように、
複数人で21キロを走る・一周3キロ 以外には特に縛りがないときは、
1走・3走・5走を3キロずつ走ることで、
3キロ×3回、休憩12分~15分 のインターバルができる・・・・
レース中なので盛り上がる分、
単に練習するより追い込めるし(笑)

まあそれを許してくれるチームメイトの存在があってのことだが、
興味がある方は試してみてもいいかもしれません。
因みに今回の大会では、2~3名はそんな人が紛れていました。

上記のほとんどは初心者にフォーカスしてますが、
メリハリ付けて飽きずに練習をすることができる、という点で
中上級者ランナーにもおすすめです。
これから秋に向けて大会が多くなりますので
引き続き頑張って走っていきましょう~

労働の対価について考えたみた

[女性の人生] ブログ村キーワード

働いていてよく思うことがあります。
「こんなに働いているのに何で給料低いんやろ。」って。

「いつも携帯いじってばっかりのあの同僚と
お昼ご飯の時間すら削っている私が同じ給料だなんて
納得がいかない。」とか、

「あんなに仕事ができない上司が役職ついてて、
なんで私が平社員なんだ」とか。

年功序列賃金制や日本の雇用制度に対して
不満が爆発しそうになるときがある。

まあ、実際にその人がどういう仕事を任されているかは
私には把握しきれていませんし、
実はすごい業務処理能力を持っていて、
仕事をすべて終わらしているから携帯をいじっているのかもしれない。
上の人間というだけで
部下の尻ぬぐいをしてくれていて、
仕事はできない人でも
実は大きな責任をしょっているかもしれませんし。

だから見た目では全ては判断できませんが、
それでもやるせなくなること、悔しくなることがが
多々あります。

そんな時にふとよぎるのが、
「仕事はお金だけが全てではない」という言葉。

いやいや給料やから!ほしいのはお金ですか!!という言葉は全力で飲み込んで、
だったら他に何があるのか、
労働(つまりは仕事)の対価って何があるのか
以下、真剣に考えてみました。

あ、やりがい、とかいう精神論的な話は今回は無しです。


【労働(仕事)で得られるもの】

◎賃金
多い少ないはひとまず置いといて
とりあえずわかりやすく得られるもの。

◎経験
・仕事の処理能力
 経験を積む=慣れることでスキルは上がる。

・あらゆる事態に対する対応力
 最初は「初めてのこと」ばかりだが、多くのことを経験するほど
だんだんわかることが増えていく。
中には、他の人にはわからないことも
自分は経験済みなので、少なくとも短い時間で対処できるようになる。

◎人脈
・社内外の人間関係の幅の広さ
職種や業種にもよるが、他社や他部署と一緒に仕事をする機会がある人なら
多くこなせばその分、人の広がりがある

・社内外の人間関係の深さ
これも職種や業種にもよるが、一般的に接触回数が増えるほど
人間の親密度は上がる。
一回の会話は5分程度だとしても
数を重ねることでその人との関係は深くなる。

◎知識
例えば飲食業界なら
・業界の知識(飲食業とは、食品業界とは、など)・経営・財務
・人事・保険(損害保険も社会保険も)・市場分析のスキル
・広告・機械や器具の使い方・(食品の)流通・不動産 など

一般事務でも
・パソコンスキル・ITリテラシー・業界の意識・商品知識
・電話対応からのコミュニケーションスキルやノウハウ、
・タイムマネジメントの方法(多くの事務処理をこなすための方法論)
・流通・金融・広告 などなど・・・

これらが集積されることで、得られる一番大きなものは
「信頼」だろうか。
平たくいえば、
「給料安いのに一生懸命働いているアイツは仕事もできるし信頼できる」
そう思われること。(え、社畜?)

「こいつに任せよう」とか、「この人ならうまくやれる」って思ってもらえたら
昇格の機会がもらえやすくなる。
それは賃金アップに繋がる(と思いたい)。

間違っても避けた方がいいんじゃないかなあと思うのが
残業をいっぱいして頑張っている自分アピール
かつ、残業代をもらう

という道に走ること。
私もたまにやってしまう。だって残業代ほしいし。
でもこれこそ「残業大好き人間=社畜」。

でもデキる上司からすれば
残業代って割高なので、会社的には払いたくないものだし
そんな部下を抱えている=上司のマネジメント力の低さの現れなので
自分の評価が下がる可能性もある。
自分の手持ちの仕事も時間内に終わらせられないやつに
プラスアルファなんて渡せないし(押し付けて自分は帰るようなクソ上司は除く)
ダラダラ残るのだけは逆効果。

まあ、仕事押し付けられて
手柄を横取りされるという
一番悔しいパターンもあるけれど。

それでも、

「8時間強も1日の時間と労力を奪われて
タダでは帰らないぞ、
何か持って帰ってやる」

という気持ちで腐らずにやっていれば、
まあまあいいことはありそうですね◎

そう信じてこれからも頑張って行けたらなあと思います。

■スポンサードリンク



★ランキング参加しています。ぽちっとして頂けると嬉しいです★

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村

【読書感想】女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと(西原理恵子著)

[女性の人生] ブログ村キーワード

『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』
西原理恵子著、KADOKAWA出版

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

新品価格
¥1,188から
(2017/9/4 00:01時点)

本屋で平置きにされていた本。
2017年6月に刊行以来、あらゆる年齢層の女性から大きな反響を得ているようで、
感動と共感の嵐とか。

アマゾンの本の売れ筋でも上位に(というより1位)で、
市立図書館でレンタルするなら1年は待たないと届かないほどの予約件数がすでに入っていたので、
購入致しました。

実際に息子・娘を育てる母親である52歳の西原さん。
自分の高校生の頃(高知でヤンキーだった頃)
美大にいくために上京した頃
生きるためのお金を得るために必死に仕事をしていた頃
妊娠出産し、子育てに明け暮れていた頃に受けた元夫からの暴力の記憶
子供達の反抗期について巣立つ子供への思い…

彼女自身の実体験をベースに、
世の女性達に送りたいメッセージが込められています。
いちばん伝えたい相手は自分の娘さんなんだろうな、と思いつつ。
本の帯には、30-40代の子育てママ世代や
ひと段落ついた50代からの言葉が連ねられてましたが
27歳も、涙無しでは読めませんでした。

◎そろそろ彼女も、船出の時が近づいてきたんだなって。
 旅立つ前に、伝えておきたい。

自転車を漕ぎ始めて植木に突っ込んだ娘のエピソードや
突然金髪にしてきた3日間について、
冷戦中の反抗期真っただ中な娘の行動に対する心の中のつぶやき・・・
読めば読むほど、私に対して
うちのお母さんもそう思っていたのかなあ、と思いまして、
母親の子供への気持ちがわかってしまう本です。

うちの母親も娘時代があったわけで、
私の成長を見つつ、自分の姿も投影していたのかなって。
その上で、自分の経験を振り返りながら、
あれはするな、とか、こうしろ、とか言ってたんだろうなって。
娘としては、ただただ「なんでわかってくれないの?」って腹立つことは山程ありましたが
その気持ちすら見抜いていたのかもしれない。

西原さんが巣立つ子供を見送る思いの中心にあるのは

・失敗してもいいから、ただ生きていてほしいこと
・自分で選びとって自分で幸せを掴み取ってほしいこと

ここの2点に集約されるかなあと思います。
特に女の子は他人に左右されがちだから。

私自身、10代の頃は自分のことしか考えていなかった。
自分でなんでも考えて行動できると思っていた。
ただ、家族に見守られながらシェルターの中にいて、思うがままに過ごしてたわけで。

うちの母親もこんなこと思ってくれてたのかな、とか思うと、
ありがとうと伝えに行きたくなりました。

◎大事なのは、自分の幸せを人任せにしないこと。
そのためには、ちゃんと自分で稼げるようになること。

逃げること、逃げ道を作ることが大切。
それを選べるための自由(=お金であり、稼ぐ力)を持たないといけない。

人って変わる、いい旦那さんも簡単に壊れる。
その時にストレスの矛先は弱者に向いてしまう。
そこには、妊娠出産、子育てで身動きが取れなくなり、弱くなった女性がいる。

家族が増えたばかりって、男性もストレスフルだと思う。
仕事の責任も重くなってきた頃。
その上、家族を養わないといけないから嫌な仕事も辞められない。
踏ん張らないといけない。
ただ家に帰っても、子供は泣くし、奥さんはそっちに手を取られてしまう。
自分は家族のために働いているのにって。
イライラを子供にぶつける親が、児童虐待とかなのかもしれないけれど、
その矛先が奥さんに向く人もいる。

その時、我慢しないで逃げることも大切。
その大切さを実体験を通して強く教えてくれました。

はっきり言って「自分はこんなに家族のために働いているのに」と言う考え方は
驕りでしかないと思う。
「養ってやってるのに」なんてもっての外。
パートナーだって「家族のために子供を育てている。家族のために家のことをやっている。」
しかも「無償」で。
こっちには給料もお礼代も発生しない。

家事労働とはよく言ったもんだと思う。

でも「無償」だから、生きるためのお金は稼げない。
結局は旦那さんに従属するしかない。
だから暴力ふるわれても逃げれない。
だって逃げても、生きていけないから。

考えると背筋が凍ります。本当に怖すぎる。

私は、絵に描いたような幸せな夫婦生活、子育ての日々、そんなものはないと思っています。
誰かがどこかで我慢してるし、
黒い部分は蓋をされて見える部分には綺麗なところしか出していない。

暴力振るうような相手を選ばなければいいとはよく言ったもんで
病気になることを予知できないくらいに
人が変わる可能性も誰にもわからないと思う。

西原さんは、全て捨てて逃げてもいい、と述べてます。
ただ、丸腰では逃げられないから
やっぱり自分の身を守るお金やお金を生む力が必要だなあと、強く思いました。

まあ、
働く夫と専業主婦でも、専業主夫と働く妻でも、
結局はお互いがお互いの頑張りを認めてリスペクトし合えるのがいいですよね。
そしたら別に逃げるような事態には発展しない。
「◯◯してやってる、やってあげてる。」
というのではなくって、
「自分の幸せは家庭の幸せの上に成り立つ。だから、結局は自分のためにやっている。」
そう思えたらいいのかしら?

あとは、そもそも、弱くならなければいい。
守られるだけの存在にはなりたくない。

◎性格悪い方が幸せになれる。
優しくていい子になんてならなくてもいい。
自分が我慢すれば、なんて思わなくていい。
まずは自分が幸せにならないと。


◎自分で稼げて初めて自分で立てる。
お寿司も指輪も自分で買える女になろう。


◎結婚はしてもしなくてもいいから無職で子供は育てないでね。
どんな時でも 次の一手は 自分で考えて 自分が選ぶ。
王子様を待たないで。
幸せは自分で取りに行ってください。

 

全女性に向けられたハートフルな本でした。
前を向くのに辛くなった時に、必ず読み返そう!って思いました。

■スポンサードリンク



★ランキング参加しています。ぽちっとして頂けると嬉しいです★

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村

定年退職した60代の働き方について考えてみた

少し前にかいてアップし忘れてた記事発見・・笑

朝からランニング★
いやー暑かったほんと(←すいません8月末のこと)
06:30に家をでたから前半は涼しかったけれど。
もうあと30分遅かったら・・・考えるとゾッとする。

さて。走りながら頭をよぎったのは父のこと。

父(今年で61歳)が定年退職する。
高卒で働いているので、
恐らく18歳から61歳まで今の会社に勤めている。
勤続年数42年ってところか。

朝07:00には確実に家を出ていて、
バスと電車に乗り、1時間強かけて出勤。
遅い日には帰宅は23:00だった。
お酒は苦手な人なので、
飲んで帰ってくるというより、仕事が終わらないから。
景気が悪い時期は土曜日も仕事に出ていた。

しかし家に仕事を持ち帰る姿を見たことないし、
出張に行けば必ずお土産を買ってきてくれる。
兄も私も私立大学に進学したので、
2人合わせて800万円を用立てないといけなかった。
そんな時でも、荒れることなく、攻めることなく
私たちを大学に通わせてくれた。
その頃から、パートで働いている母親も目に見えて節約していたから
本当に本当に、2人とも大変だったと思います。

55歳か58歳かは忘れたけれど
いつだったか、役職定年をして退職金を受け取った、という話を聞いた。
その後給料は大幅に減額。
60歳の還暦を迎えてからは、半額程度まで下がったとか。
母経由の話だから直接聞いたわけではないが、
給料が下がっても仕事内容は特に変わらなかったそう。
中小企業だし、役員にもなっていたから仕方がないとは思うが
流石にモチベーションの維持も難しく、
これまで頑張ってきたし、まあ少し早いが引退しようと決意したとのこと。

辞めて何するかというと
アルバイトを考えているらしい。
スーパーの品出しとか(腰悪いのに大丈夫かしら)
駐輪場の管理人とか(めっちゃ暇そう・・・)
公民館の受付とか(同上)
図書館司書とか(人気らしい)

確かに、こういうお仕事をされているご高齢の方は目にしている。
大変だろうなーとか
暇だろうなーとか(ごめんなさい)思うことは多々あったが、
こと自分の父の話になると
ちょっと、色々と考えてしまった。

今までの仕事とのギャップがありすぎる気がする。
パートのおばさんや若いアルバイト、
できない新入社員に指示されている姿は正直見たくないというのが
娘の本音だが、
本人の人生だから、私は何も言うまい。

うちの会社の清掃のおばちゃんや
新聞配達の人、クリーニングの運送のおじさんや
タクシーの運転手の方も、みんなそうなのかな。
昔は何してたか聞いたら
びっくりする答えが得られるかもしれない。

私が知る範囲の話で大変恐縮だが、
60代の生き方・働き方について考えてみたら、
次のようなパターンで分けられると思う。
※個人的見解です

(1)セカンドライフを楽しむ人(働かない)

・趣味の世界にのめりこむ
・主に家にいたい人
・もう働くことは考えていない人

(2)暇つぶし程度にアルバイト、簡単な仕事でOKと割り切る人
・品出しとかレジ打ち、清掃などでも苦にならない
・家にずっといることも嫌だがバリバリ働く気はない

(3)簡単な仕事では物足りないが、
フルタイムではモチベーションが維持できない人

・これまでバリバリに仕事人に多い
・会社勤めでも対応できるがモチベーションは維持できない
・簡単な仕事だと、人によっては苦行になる

(4)嘱託で仕事を続ける人

・家にいても暇、居場所は会社という人
・給料は低くても会社にいたいタイプ

父は(3)だと思うんです。
やる気はある
体力もまだある
考える力もある
知識や経験も豊富

でも肉体労働は厳しいし、
例にもれずITにはめっぽう弱いww

このカテゴリーの人はこれからどんどん増加すると思う。

どいういう仕事が適切か・・

例えば、
◆地域コミュニティの活性化につながる活動

→「地方創生」が各所で巻き起こっているが
昔にくらべて、地域社会のつながりは弱くなっている。
一方、共働き世代が増えてきており
<子供を育てる環境づくり>が急務。
そいういった、地域の問題を解決する仕事を役所が提供する。
・・・ただ、根本的な話として、
活動が若者に響かないと意味がない=若者目線で動ける人
=結局は若い労働力の方が好ましい?

農業をする

→農業人口の減少と農業従事者の高齢化が進んでいるが、
恐らく、若者が農業から離れてっているから。
リビング新聞社が取り組んでいる「マイファーム(※)」みたいな
管理人付きの農業施設を借りて、
自分のできる範囲(小さい畑でも)でも農業に携わるとか。
(※耕作放棄地を再生して、区割りにし、
契約者に提供しているサービス・・だったはず)

→高齢化は加速させるが、
そもそも農業従事者が年を重ねているだけでなく
農業人口が減少し分母が小さくなったから。
でも農業って体力いるしな・・・

◆PCスキルを身に着けて、事務系の仕事(入力作業)

◆これまでの営業力を活用して電話セールス

◆経営セミナーなど、自身の経験を教える・広める活動

→しかし「今の世の中の動き」を把握していることが大前提となると
現役で働いている層のスピード感についていくのは大変?

いろいろ考えてみたけれど、なかなか難しいもんですね。
国が高齢者活用に頭を抱えている理由が何となくわかった気がする。

まあ、私は父が幸せなら何を選んでくれてもいいんですが。

定年退職した人の生き方問題は、
これからどんどん拡大していくだろうと思いました。

■スポンサードリンク



★ランキング参加しています。ぽちっとして頂けると嬉しいです★

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村

8月ランニング記録

[ランニング] ブログ村キーワード

8月に箕面の滝道をランニングしました。
頂上でパシャリ★
朝からハイキングしている方がたくさんいらっしゃって
なんだか和やかでしたね。

箕面の滝道は箕面駅から滝までは片道3キロ弱。
山道なので少し坂が急なところもあるけれど
木が多く、川が流れているので涼しいし
道も舗装されているので走りやすい。
なかなか好きなランニングコースです。

さて、8月のランニング記録です。

3日 6.5km
6日 7.6km
8日 9.35km
12日 12.53km
13日 10.3km
16日 7.6km
21日 4.75km
24日 6.92km
26日 4.3km
27日 10.4km
28日 8.5km
30日 5.2km
31日 6.1km
————————-
13ラン
月間走行距離 100.05㎞

ぎりっぎり100キロなんとかってところですね。

途中で腕を負傷するアクシデントがあり、
脚だけで走って無駄にフォーム崩れるのも太くなるのも嫌なので
16日~23日くらいは、走るのを自粛しておりました。
そう考えるとまあマシなのかもしれませんが・・

夏休み期間は時間があったので
一日10キロとか走れたけれど、
仕事も始まった上これから忙しくなるので、
なかなか時間が取れにくそうな気がする。

9月になりました。
暦の上では秋ですね。
朝晩は気持ち程度には少し涼しくなってきました。
日中はまだまだ暑いけれど!
これからどんどん、ランニングしやすくなるのは嬉しい!

9月は120キロを目標に掲げているので、何とか達成したい。

そのためには

・コンスタントに6~8キロを走る
・20キロくらいのロング走を1本は入れる

9・10月はこの方法で練習を積むのがベストかしら。

神戸マラソンまであと3か月切りましたので、
気合い入れて、けがの内容に頑張っていきます♪

■スポンサードリンク



★ランキング参加しています。ぽちっとして頂けると嬉しいです★

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村