【感想】『あなたの一日を3時間増やす「超整理術」』(高嶋美里著)

『あなたの一日を3時間増やす「超整理術」―忙しいから解放されるための14日間―』
高嶋美里著、角川フォレスタ出版の本。

あなたの1日を3時間増やす「超整理術」 (角川フォレスタ)

新品価格
¥1,404から
(2017/9/4 00:00時点)


本屋で思わず手に取ってしまった本。

他にも時間管理術や仕事効率化の本、いわゆる整理本の類はたくさんありますが、
具体的な数字で示されると、説得力がまして
インパクトがあるよね。

14日間で1日ずつ実践すべき考え方や行動が書かれており
14日で時間を生み出すための整理術が身につくというもの。
物の整理 → 頭の整理 → お金の整理 の順にステップアップしていきます。

目次を見ただけで、
どんな行動を行うべきか、どんな内容が書いてあるかが明確で
何となく言いたいことのイメージが沸く。
(そのイメージが作者が実際に伝えたい内容と合致しているかは別として。)

例えば1日目は「デスクの整理」
・必要なものは20種類だけ
・ものはすべて袖机にします
など。

14日目は「お金の整理」
・自分にとっての優先順位は何か
・収入の4割を自己投資できる人だけが成功できる
など。

その上で「自分が引っかかったこと」「気になったこと】は
実際のページをめくって確認すればいい。
そう考えると、この本自体がすごくわかりやすく「整理」されているなあというのが
最初に受けた印象です。

さて、箇条書きですが心に残った言葉・考え方を。

◎物を探すのは時間の浪費 →置き場所を決める。把握する。
ファイル保存のときは、日付から始まり、検索に必要なキーワードを盛り込む
→「探す」という手間を省く

◎仕事・スケジュール・・管理できる状況にする
そのために、何でもグーグルカレンダーに書き出す。
(このタスクをいつやるかや所要時間はどれくらいかも含めて)
資料は何でもデータ化し、クラウドに保存する。
なぜならクラウドだとどこからでもアクセスでき、利便性が高いため。

◎処理すべきタスクや書類
→今日中?期日あり?5分でできる?期日なし?でグルーピング。

物・仕事・タスクを整理し、かつ、自分の時間を把握する。
そしてあらゆるものを定型化し
効率よく処理することで、余剰の時間が生まれる

体験にお金を使う。上流の生活というのはお金を使って体験しないと知りえない
→それができないといつまでたっても上流には行けない。

自分をコンテンツ化する・コンテンツ意識を持つ
生活の全てをコンテンツとしてとらえ、蓄積し、
いつでも使えるネタとして持つ。
その情報の蓄積が、商品化などの収益につながる→自分で稼ぐ力を身につける

例えば、日常生活のなかで「パズドラ」をプレイするならば
単にプレイする=ただの消費。
それよりも<どうして人気なのか分析しながらプレイする>ことで、
「パズドラをプレイする」という行動はコンテンツ化されます。ありがとうございました。
つまり意識を変えるだけで自分の接するものが単なる消費ではなく
有益なコンテンツとなる。
独自目線のコンテンツ・自分の体験だけが他人を喜ばせる情報になる。

その先を知りたい、と思わせることがポイント。
売れているものは自分で体験したものだけ、売れるネタになる。
みんな欲しいのは一次情報。
ネット情報の流用や人からきいた話は二次情報でしかない。

◎本当に成功する人は世間一般のルールではなく自分の優先順位を持っている人。
今や世の中で一番重要なのは時間。

→その時間を生み出して、収入アップにつながる投資を行う。
時間だけでなく、収入の4割を自己投資しづける。
毎月貯蓄や保険ばかりして投資しない人は、一生成功できない
逆に成功する自信がないならば、貯蓄に勤しまないといけない。

今の自分がほしい情報がつまっていました。
とにかく時間がほしい。
とにかく自分で稼ぐ力がほしい。
毎日そう思っています。

人の2倍の経験をして、2倍以上のスピードで成長するために、
クオリティを下げず、レベルを上げて
仕事のスピードを2倍速にしたい。

そのためにも、あらゆることの整理整頓が大切であることを
改めて思い知らされました。

■スポンサードリンク